今の時代それほど難しくない会社設立方法とは

一昔前、会社それも株式会社を設立するためにはものすごく労力とお金がかかるという時代がありました。
2006年に会社法が新たに施行されたのですが、この時に大きく変更のあった点は、会社設立のための資本金が1000万円用意する必要がなくなった、つまり1円からでも会社を設立することが出来るようになったと言うことと、取締役会や監査役の設置が任意になったということです。

納得のフランチャイズ 経営情報を簡単に調べられます。

まず、会社設立にあたって考えるところは、やはりお金になります。

今までサラリーマンで働いてきた場合は、お金に関しては「給料」という形である程度約束されていました。

それが、会社設立後は、会社へ最初に注ぐ資金も自分で用意し、動き始めた会社を維持していくためにもまた資金を注入し・・とにかく自分次第でお金を管理していくことが必要となります。

そう言った意味では、最初の資金投入である資本金を1円で始めることは確かに楽になったとはいえ、銀行からの資金調達が難しかったり、登記簿を提示する場合の信用度が低かったりと色々困難な場面に遭遇することもあります。また、会社設立時には、資本金を用意すること以外に登記や事務手数料など勘案すると、1円だけで会社設立まで到達しませんので、やはり最初にある程度まとまった資金が必要になるでしょう。

節電 方法の知識を増やしてみませんか。

そしてもう一つ、取締役会を設置しないで会社設立を行えること。これは本当に楽になったと思います。
そもそも、「会社を作るぜ」と思った場合、名乗りを上げる発起人というものが昔は「7人」も必要でした。

したがって、一人で起業を思い立っても、親族やお友達に頭を下げて誰かしらに発起人になってもらう必要があったのです。


それが、今では発起人の数は1人でもよくなり、その後、会社設立時の3名以上で構成される取締役会の設置が必要なくなったことや、監査役、いわゆる顧問税理士等の設置が必要なくなったことは、本当に起業しやすくなったことと思います。さて、会社を設立しやすくなったとはいえ、それでも会社を経営していくというのはやはり簡単にはいかないものです。

自分が会社の組織下から、いざ、社会の大海原に一人で飛び込んだとき、やはり会社で培った経験は何事にも代え難いものがあります。



例え、ものすごく小さな会社の社長になったとしても、この従業員や社員時代に得た経験はいつまでも忘れたくないものです。